Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

「生きる」だけのビジネスなんか要らない。

  1. 基礎知識

会社員経験という資産。気づかないと損だよ

シェアリングエコノミーや、その他事業で活躍されている若い方の中には、会社員を経験せずに個人経営や、社長になる方も多くなってきています。昔なら学生起業した、ベンチャーの社長とかですね。しかし、こうした個人経営の方を見ていると、「もったいないな~」と思うことが。。。

だって、彼ら、社会人のほとんどが経験する「会社員」知らないから、CtoB分野に入れないじゃん。。。

まあ、顧問として会社経営や、コンサルに入ることはできても、実際の会社員がどんなふうに働いてて、何を考えててなんて事が理解できてないから、「現場をわかってない」なんて言われたらひとたまりもないし(トップクラスの人は別にいいだろうけど)。あと、スタートアップやベンチャー企業は基本、経理や財務、人事と言ったノウハウがないので、コンサルさんから購入することになるのです。

つまり、こうした分野で働いてたら、それだけで企業コンサルになれるチャンスがあるってことですな。

私自身、生産管理の部署にいたのですが、会社の環境づくりのお仕事をいただく事があります。それは、社会人3年目で部署全員を1時間以上時短させることに成功したからなのですが、じゃあ、こうした仕事にシェアリングエコノミーで生活してる、社会人経験のない方が参入できるか、と聞かれたら、かなり疑問です。日本ではまだまだ会社員の信用性が高いですし、そもそも会社員経験がなかったら、会社の仕事は全く経験できない。つまり、経営以外の現場に参入できないということになりますな。

逆に言うと、会社員やってる=それだけでコンサルになれる可能性がある訳です。

でも、なぜか全員がシェアエコのCtoC分野に参入しようとすると。

理由が「自分にはそんなコンサルなんて技術ないから」

いや、逆逆!

むしろ、自分の経験が生きるCtoBが飽和する前に参入した方が、よほど収益性作れるよ!飽和すると、ランサーズとかクラウドワークスみたいに、低単価の仕事ばっかりになっちゃうけど、経験積んどけば独自HP持って、個人として活動できるようになりますって。

というわけで、会社員経験は資産だよ、と言う話でした。

私の資産は、在庫管理による時短を、会社員の経験として2社実現したことだな(笑)

基礎知識の最近記事

  1. お客様に感謝しない商売人は絶対仕事頼んだらダメ

  2. 買わないのに「お客様扱い」を求める見込み客様問題。お断りしましょう

  3. 会社員経験という資産。気づかないと損だよ

  4. シェアリングエコノミーって何でしょうか?

  5. お客様商売で「はっきり言う」って何だろう?

関連記事

管理人ふみ

2018年、依頼によりサイト「Spiricare」を立ち上げ、プロから初心者まで情報提供をしつつ、ビジネスについても情報発信を行う教師。

 

「今まで会ったことがないタイプ」

「何でそんなあっさり思いつくの?」

 

以外の事を言われてみたい。。。