Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

「生きる」だけのビジネスなんか要らない。

  1. ビジネスの原則

自分の勝ちパターンを見つける。ノウハウマニアにならない為に

ビジネスでも、仕入でも、何でもそうなのですが、自分の「勝ちパターン」を早めに掴むことは大切です。

私の場合だと、仕入→需要と供給のゆがみを利用し、状態はいいのに安くなっている新古品・中古品ゲット、シェアエコ→テキスト配布+ブログによる文章(知識量と文章力をアピール)+メールでの丁寧なやり取りにより、リピーター様を構築。といった感じですね。

とくに私はビジネスにおいて、文章力が強みになっていると感じています。

(800字作文15分で書いちゃうからね。。。)

世の中には「稼げる」ノウハウなんて腐るほどありますが、これって真面目に取り組めば本当に稼げるんです。というか、ビジネスなんてお金を稼ぐことも目的なんだから、まっとうなノウハウなら「稼げる」なんてアタリマエ。ここを強調してる時点で、一般の方がいかにビジネスを理解してないかが分かるってものですが。。。

まあ、普通は稼げます。売上は1万とかかもしれないけどな^^;

でも、問題なのは「自分に合っているかどうか」ということ。ご自分の勝ちパターンをちゃんと理解し、「いける」と思ったら展開していかないと、ビジネスは失敗します。これがパルクールと似ていると私が感じてる点で、パルクールもそれぞれ得意分野があり、私なら飛び越える&よじ登るスタイルが好きです。こうしたパルクールやスケボーも「いける」という瞬間があって、ここで技をきめるとカッコよく成功できるのです。←逆にいうと、「いける」と思った時以外はきめてはイカン、という話ですね。

まあともあれ、自分が「いける」と判断しやすく、成功しやすいパターンやビジネスモデルが存在するのですが、これを高精度で選択でき、かつ「いける」と思った時にしか展開しない。これができないから、皆失敗するのです。

つまり、ノウハウをある程度集めたら、色々試して「どれが合うのか」を見極め、それができたら「どうすれば自分のパターンなのか」を経験から決めていくと。ということは、試しにやってみないと永遠に勝ちパターンは掴めません。というわけで、ノウハウを集める→分野が決まったらとりあえず試す→失敗したら練り直し/成功したら分析 という順番を守ることで、勝ちパターンを見つけてみて下さいね^^

え?私のパターン?

信用、文章、細かく広くあたりがキーワードかな?

管理人ふみへのお問合せはforms@bussycare.com

ビジネスの原則の最近記事

  1. 自分の勝ちパターンを見つける。ノウハウマニアにならない為に

  2. 開業届は稼げない時代から出しておくとよい理由

  3. ビジネスには「収益の行き先」が必要

  4. ビジネス感覚を作るトレーニング方法

  5. ビジネスは感覚

関連記事

管理人ふみ

2018年、依頼によりサイト「Spiricare」を立ち上げ、プロから初心者まで情報提供をしつつ、ビジネスについても情報発信を行う教師。

 

「今まで会ったことがないタイプ」

「何でそんなあっさり思いつくの?」

 

以外の事を言われてみたい。。。