Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

「生きる」だけのビジネスなんか要らない。

  1. 基礎知識

買わないのに「お客様扱い」を求める見込み客様問題。お断りしましょう

賛否両論あると思いますが、私自身は「お金を払っていただいた方=お客様」です。お問い合わせ段階では「見込みのお客様」として、丁寧には接しますが差をつけた対応とさせていただいています。←まだ金額が発生していないため

先日のこと。

見込みのお客様からの問い合わせメールに「一応お客なんだから、節度ある扱いしてください」とありまして。はい、その前散々長文で質問してきて(10往復ほど)、こちらが「いいですよ」と返信して詳細お送りしたあとのことです。

はい、丁重に販売をお断りしました。

お断りを入れた直後に、「!」「!!」を多用し、自分がいかに正しいことを言っているか、疑わないでほしいかを長文で訴えるメールが3通ほど届きましたが。ああ販売しなくてよかった。←きっと、「対応が悪い」「なにその言い方」「この商品おまけでつけろ」なんてけちをつけた挙句、ちょっと気に入らないからという理由でキャンセル、なんて可能性もあったでしょう。

節度あるお付き合いがしたいとのことでしたが、節度あるねぇ(笑)

まあ「客なんだからこういう対応しろ」と強要されて、気持ちよく対応してくれる人間も殊勝なのに、お金発生してない段階でそれ求めちゃったら終わりですな。

今時は実績やお金ほしさにこうした嫌な冷やかしや、お客様を受け入れてしまう方も多いのですが、私自身は断ってよいと思っています。私自身はお客様=友人として、末永くお付き合いできればよいなと考えていますので、お友達になりたくない=気持ちよく対応できない方とのお取引はできないです。←結構断ります。

ですから、クレーム防止のため、1回は専門的なことも含めてきちんと回答しますが、それを2度、3度としていっこうに購入しようとしなければお断りしますし(おそらく何回やりとりしてもお買い上げに至らないので、その分のコストが無駄になる)、今回のような案件は即効切ります。こうしたお客様は、相手のコストを当然=相手を損させて当然、自分のために働いて当然(自分のかけた以上のコストを相手が支払って当然)と考えている方が多いので、こちらが損失をこうむるだけ。ビジネスである以上、損切りは早い段階でしなければいけません。←お金払いが悪い方が多いのも特徴

あとね、こういう方ちゃんと断らないと、他でも迷惑行為するんだよね^^;

契約実績や現金がほしい気持は分かる。ほしいのは当然です。でも、自分が損して(支払い状況によっては信用を失って)、社会も悪くして、それでもその方を儲けさせる理由、どこにあるんでしょう?

というわけで、嫌なお客様は勇気をもってお断りすることをおすすめします。

お客様サイドとしても、たくさん答えてくれるのは、購入してもらえる見込みがあるからだということ、忘れないでくださいね。商売人はお金を巻き上げる敵ではなく、あなたの生活を豊かにするものを交換してくれる人間ですよ^^(そうでない人は文句言ってよし)

管理人ふみへのお問い合わせはforms@bussycare.com

基礎知識の最近記事

  1. お客様に感謝しない商売人は絶対仕事頼んだらダメ

  2. 買わないのに「お客様扱い」を求める見込み客様問題。お断りしましょう

  3. 会社員経験という資産。気づかないと損だよ

  4. シェアリングエコノミーって何でしょうか?

  5. お客様商売で「はっきり言う」って何だろう?

関連記事

管理人ふみ

2018年、依頼によりサイト「Spiricare」を立ち上げ、プロから初心者まで情報提供をしつつ、ビジネスについても情報発信を行う教師。

 

「今まで会ったことがないタイプ」

「何でそんなあっさり思いつくの?」

 

以外の事を言われてみたい。。。